いもやこもち定食

いもやこもち定食

ご飯に里芋を混ぜて握った物です。その昔まずしい農家の人がご飯の量を増やすために考えられた郷土食です。焼いたいもやこもちに生姜味噌やねぎ味噌などつけて食べたものです。おにぎりの中の里芋の香ばしさと生姜味噌のピリッとした味はなんとも言えません。一度味わってください。



次の記事も読んでね!!
  1. からすみ
  2. いもやこもち定食

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://cartabi.com/mt/mt-tb.cgi/2

コメントする